記録映像データ詳細表示

戻る

作品No iw-01515 
ジャンル 短編 
作品タイトル 山のまつり-遠山地方の霜月祭- 
フリガナ  
製作会社 岩波映画製作所
スポンサー 長野県、長野県下伊那郡上村(カミムラ)
(現)長野県教育委員会 
製作年 1955年 
分数 21分 
白黒 
言語 日本語版 
カテゴリー 記録映画・文化財映画・国指定文化財・重要無形民俗文化財・祭礼・神事・山村風俗 
シノプシス 長野県南部の山合い遠山地方(トオヤマ)に古くから伝わる霜月祭(湯立神楽)を1954年(昭和29年)に撮影。厳冬期の夜、燃えたぎる熱湯を使って行う迫力ある「湯立て」の神事が祭りの中心で、標高千五百米超~三千米近くの山々に囲まれた山ひだで暮らす人々が年に一度神々と出会う場である急傾斜地の畑仕事や山林伐採など厳しい日々の暮らしの中で、人々のエネルギーが夜どおし燃え上がる祭りの様子が克明に描かれている。 遠山地方は、西の伊那山地と東の赤石山脈(南アルプス)の間を縫う細長いV字形の峡谷にある旧上村(カミムラ)と旧南信濃村で、ともに2005年合併により飯田市の一部となった。祭りは、南アルプスが雪を戴き始める旧暦11月(霜月)だが、2010年現在は12月に遠山郷の9~10の神社ごとに日を違えて行われている。伝来した神楽に、元和年間にこの地で滅びた遠山土佐守一族の霊を鎮める鎮魂の儀式があとから加えられたといわれ、1979年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。祭りの様式は神社により特徴や違いがあるが、撮影されているのは上村の中心集落、上町(カミマチ)の霜月祭。

<参考> 文化庁文化財データベースの解説文
この神楽は、祭場の土間にかまどを築いて湯釜を乗せ、湯の上飾をつけ、そのまわりで湯立、祈祷を行ない、さらには「火の王」「水の王」「天伯【てんぱく】」などの神面をつけた舞が厳粛な雰囲気を保ちながらもにぎやかに行なわれる。三河・信濃・遠江地方の山境に分布伝承されてきた湯立を中心とする霜月神楽の一典型であり、古来の民間信仰及び神事芸能の姿を伝える貴重なものである。 
映像内容 信州伊那谷をはさむ山脈
   (木曽山脈、天竜川、伊那山地、雪を戴く赤石山脈)
  切れ込んだ山ひだが連なる遠山地方、
  上村(カミムラ)最奥の大野集落(俯瞰)
断崖上の山道を歩く子ら(分校へ登校)
  急傾斜地にある下栗集落、標高1000m余の小学校分校
  中学生は更に1里余先の上町(カミマチ)集落の中学校へ
上村中心地の上町集落
  杉板屋根に石をのせた家々、馬の背で荷運び、
  沢水利用のシーソー型脱穀杵、急傾斜の畑で種まき、
  こんにゃく玉を掘る、木材伐採(斧で)、丸太の皮はぎ、
  大豆のさや取り(割った竹にはさんで)、
  穂を足で踏みつけ粟を脱穀、
  漬物用の菜を洗う(用水で)、障子の桟を水洗い、
  道端で祭りの笛を練習する男の子(赤ん坊を背負って)、

霜月祭
  遷座祭(7年に一度)
    家並みの間を行く行列、笛吹く人、棒をふって踊る人、
 「ざぞろい」
   しつらえたカマドに点火
   2つのカマド前に
     正座した禰宜たち、立って周りを囲む村人たち  
 「じんちょう」を大勢で読み上げる(神々を招くことば)
 「もうしあげる」(願い事を述べる)
 「湯みがき」「よつ舞」
   舞う禰宜たち(両部神道の正規の装束)
   紋付羽織の男たちもともに舞う 

  お宮参り
    今年生まれた赤ん坊を抱いてくる女性たち
    並んで座りお祓いをうける母子、

<2つのカマドで煮えたぎる釜の湯を囲み行事が進む>
 「たすきの舞」  
   刀をもって舞う男4人、笛や太鼓、
 「はぞろいの舞」
   女衣装(振袖、裾模様)で舞う4人の男、
 「鎮めの湯だて」 
   舞う禰宜、「鎮まれ、鎮まれ」と皆が叫ぶ、
 
  外の露店に群がる子ら
  上村川に浸かり禊(ミソギ)する裸の男たち

<釜の煮えたぎる湯を囲み>
 「カンダユウとウバノモドキ」
   面をつけ滑稽に踊る、言葉のやりとり、
 「ハッシャノシンメンノ舞」
   憂鬱な表情の面をつけて舞う
   (百姓一揆で滅ぼされた遠山一門8人の霊を
    かたどった面といわれる)
 「タツガシラ」
 「四面(ヨオモテ)の舞」
   長い鼻の面をつけた2人が、釜の煮えたぎる湯を
     素手ではねとばす(湯切り)
   場内騒然となり、「ヨーオッセ」の掛け声にあわせ
     取り囲む男たちも跳ねまわりもみ合う
 「シンメンの舞」
   長い鼻の面に装束をつけた男、
     弓の弦を鳴らし矢をつがえ舞う
   下火となったカマドの火

山仕事にもどった男たち
  稜線が雪に輝く山並み、斧で大木を伐採
  谷底の集落(ロング)、重なる山並み 
地域情報 長野県上村 
スタッフ 制作:小口禎三 監督:岩佐氏寿 脚本:岩佐氏寿 撮影:瀬川順一 
受賞歴  
画面サイズ  
備考・関連情報  
参考画像
 
フィルム原版 16mmネガ 
ライブラリー窓口会社 記録映画保存センター
試写 ○ 
素材提供 お問い合わせください