記録映像データ詳細表示

戻る

作品No iw-02100 
ジャンル 短編 
作品タイトル ガラスの壁 
フリガナ  
製作会社 岩波映画製作所
スポンサー 日本板硝子株式会社 
製作年 1961年 
分数 28分 
カラー 
言語 日本語版 
カテゴリー 産業映画・PR映画・建築・建築技術・ガラス 
シノプシス 日本板硝子株式会社が1961年(昭和36年)大阪市の御堂筋に建築した当時の本社ビル(地下2階、地上8階)は、外壁が総ガラス張りのカーテンウォール建築(通称ガラスビル)で、建築におけるガラスの役割と可能性と追及するのが目的であった。板ガラスの耐震、耐水耐圧性、遮音性などの実験に基づき設計され、壁には熱線吸収に優れたグレーペーン、窓には断熱効果が大きいサーモペーン複層ガラスを使用、内部にもガラスモザイク壁画など随処にガラスが活用されている。この映画は建築過程と完成した内部を紹介。なお当時の事務機器(テレタイプ、タイプライター、電子計算機)と従業員の様子、最後には当時の大阪中心部ビル街の空撮もある。 
映像内容 正味 00’01~27’14(27’13)
企画 日本板硝子株式会社
製作 岩波映画製作所
撮影年月がわかる関連映像 なし 

●大阪・御堂筋、大阪市中心部のビル群
  レンガ造り建築、鉄筋コンクリートビル 
  鉄骨鉄筋コンクリートビル、カーテンウォール建築
●設計スタッフ
●グレーペーン、サーモペーン複層ガラス(構造図)
●板ガラスとサッシュ(窓枠)の各種試験
  耐震性判定試験(建設省建築研究所)
    自重によるたわみ測定、加圧によるたわみ測定
  水の浸入、水圧によるたわみ測定(東京大学生産技術研究所)
  遮音効果試験(小林理学研究所)
●日本板硝子の本社(当時)建設工事
  鉄骨組立工事、コンクリート工事完了
  サッシュ用ファスナー取り付け工事
●ガラスとサッシュ
  ステンレス・サッシュ製造作業、
  ガラス周囲にネオプレーンゴムを取り付け
  ガラスをサッシュにはめ込む(ユニット)、
●外壁建築工事
  ユニットを吊りあげ、ファスナーに取り付け
  ガラスとサッシュ間にパテ(合成ゴムシーラー)を注入
  外壁鉄骨にステンレス枠取り付け 
●内装工事  
  ガラスモザイクの壁画、ガラス・ブリック取り付け、
  カフライト・スクリーン、正面玄関のガラス設置
●完成した本社ビル
  ガラス・ビル全景、空気調和設備、集中制御室
  ビル内部紹介(玄関ロビー、事務室、廊下、階段、壁
         応接室、会議室など)
  窓ガラス(サーモペーン)ごしの外景、
  グレーペーン(外からは見えにくく、中は明るい)
  設計室、テレタイプ室、タイプラーター室、
  電子計算機センター、外界が見える会議室、食堂、
  ソフトペーンごしの喫茶室、ガラスビル外観、
  本社ビルと周辺のビル街ロング(空撮) 
地域情報  
スタッフ 制作:小口禎三/坊野貞男 監督:樋口源一郎 脚本:樋口源一郎 撮影:江連高元  
受賞歴 第1回日本産業映画コンク-ル 奨励賞 
画面サイズ  
備考・関連情報  
参考画像
 
フィルム原版 35mmネガ 
ライブラリー窓口会社 記録映画保存センター
試写 ○ 
素材提供 お問い合わせください